スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の星



13日は新月、

そして、「ふたご座流星群」でした。



澄んだ冬の空気は、星をきれいに見せてくれ、
冬の星座と流星群が美しかったです。


TS3I0598_convert_20121201172706.jpg


冬の星座は一等星が多いので、見つけやすく、
とても明るく光ってきれい・・・



「オリオン座」のベテルギウス、「おおいぬ座」のシリウス、「こいぬ座」のプロキオン、
この3つを結んだ「冬の大三角」。


ベテルギウスを中心に、
「オリオン座」のリゲル、シリウス、プロキオン、「ふたご座」のポルックス、
ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバラン。

この6つを結ぶ「冬の大六角形」。
「冬のダイヤモンド」ともよばれるみたいです。


空が澄んでいると、オリオンの三つ星の下にある、オリオン大星雲も、
ぼんやり見えます。



星を見ていると、自分は宇宙を見ていて、
さらには自分自身も宇宙の中にいるんだと思うと、
宇宙スケールの大きな流れと、自分という小宇宙を感じ、
不思議な感覚になります・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。