暑中お見舞い申し上げます。

だっっいぶご無沙汰してしまいました。
すみませんです。


蒸し暑い毎日でぐったりですが、何とか生きてます。

TS3I0247_convert_20110720142358.jpg
ちっこいカエルのおなか



私的なことで色々あり、情報を発信すること、受け取ることが嫌になってしまい(^_^;)
パソにもあまりさわらずにおりました。

一度落ちると回復に時間のかかる自分なので、放っとけばいずれ書く気分になるだろう、と
放っときすぎたらもう夏真っ盛りに・・・!
時間は待ってくれないです・・・うぅ。



最近、とある本をいくつか読んで・・・・・・

体のしくみというか、体の発する「声」にここまでの意味があったのか・・・!と
いったいいくつ目からウロコ落ちるんだって程に、感動と発見がありました。
長くなるので詳しくは書きませんが、

とにかく、「冷え」の概念を覆されました。

長年、
健康にいい、と言われるもの、
ヨガやストレッチ、整体に漢方、健康食品にサプリにハーブ・・・
ありとあらゆるものを試してきて。

試した瞬間はいいかな・・・と感じても、また戻ってしまう。
そんな繰り返しで、根本が治らない・・・
何故なんだろうとずっと思っていたところに、その本に出会いました。

どうやら、全ての大元は「冷え」だということで、
その冷えから体のめぐりが悪くなり、病気になっていくと。
自分もそれなりに調べたり、自身の体をもって感じてきたので、
「冷え」がよくないことや、
体のめぐりについても知ってるつもりでいたんですが、
かなり甘かった。。。

健康な体は、お腹から下が上半身より暖かい、温度が高い状態。
それが逆になると、つまり下より上が高くなると、これが「冷え」状態だそう。
ほてるのも冷え。
この冷えが、気血水のめぐりを悪くして、内臓を弱らせて、自律神経を狂わせて・・・
とにかく次から次へとバランスを崩して悪循環のループに入りこんじゃうッッ((+_+))。


冷えてめぐっていない、つまり土台のない体に栄養をたくさん入れたところで、
吸収してはくれない。
しかも、体にいい食べ物だろうと、たくさんとり過ぎても毒になる。内臓に負担がかかる。


これまでありとあらゆるものを試してきて、
根本が治らなかった理由はそれだったのか~~・・・、と。
それらはあくまで、補助的な役割で。それだけに頼るんじゃいつまでも治らない。



読んでいて「ええっ?!」と思うこともあるんですが、
私自身かなり合点がいくことがあって、
答えが見つけられなかった部分に納得できたりと、暗い迷路に光が見えた気がしました。
自身の体は自身で治せる。
これが私には大きな希望と力をくれました。

私の読んだ本は、
東洋医学の考え方が基本になっているのですが、
東洋医学である漢方の先生ですら教えてくれなかったようなことがたくさん書いてあり、
驚きっぱなしでした・・・(@_@)(正直早く知りたかった・・・)

・・・なんか分かりづらかったかもですが(^_^;)


体質を変えるのは時間はかかると思いますが、
ぜったい自分なりの良いからだになる!!   

体の声をききながら、
半身浴、靴下、陽の食べ物、気の持ちようなどなど、
まずは冷えをとる日々を過ごしてます。

コメント

お久しぶりですっ!

久しぶりですね~(^-^)/
そんな本を…!私は、難しい本はすぐ飽きる(ていうか読まない…)ので、ちょっとビックリ!(◎_◎;)しました!
ではでは、また~( ´ ▽ ` )ノ

2011/07/21 (Thu) 18:49 | kiyomi♡ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する