スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劫初(ごうしょ)

暖かくなり、いっきに桜が開いていました。
日曜には満開でしょう。

TS3I0190_convert_20110408190739.jpg TS3I0191_convert_20110408190944.jpg




公園の中のお寺に咲くこの桜・・・

TS3I0195_convert_20110408191233.jpg

「劫初の桜」といいます。


立て看板の説明によると、

明治初年に植えられた約100年の老木で、近年うろの中から若い幹根が生じ、
新しい生命を得て蘇った、という桜。
毎年、公園の中で一番早く開花するそうで、この日もこの「劫初の桜」は満開でした。

仏教の世界観で、
この宇宙は4つの劫、(成・住・壊・空)が一サイクルとなって生滅をくりかえしている、
といわれており、
現在である「住劫」→それが壊れはじめる「壊劫」→滅して「空劫」、
ふたたび成立「成劫」を迎えます。

そして新しい世界が再び生ずる時期を「劫初」と言うそうです。


新しい命を得て再生したこの桜のように、
日本もかならず、劫初を迎える。
そう信じてます。

TS3I0198_convert_20110408191343.jpg

TS3I0199_convert_20110408191413.jpg

コメント

写真の木、すごいですね。
自然の力はスゴイっですね(^O^)
私、なんか自分の空想よりも自然の力に圧倒されます(←なんか文章おかしくね?)やっぱ負けちゃいますね(^_^;)
すごいです(^_^)

2011/04/10 (Sun) 18:31 | kiyomi♡ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。