今はお別れ

sakurasaku2_20131206004150f8d.jpg




わが家の愛鳥、チャロが旅立ちました。



あまりに突然で、2週間半たった今でも、いなくなったことが、
そこにいない現実が信じられないでいます。


ついさっきまで元気で、毎日当たり前のようにそばにいてくれて・・・


それは当たり前では決してなく、いつか必ず訪れる別れだとわかっていて。
今までに何度も歴代の鳥たちとお別れしてきたというのに。


こればかりは、何度経験しても、
まるで世界が終わったかのような感覚。


いつまでも悲しんでいてはだめなのですが


自分があれをしていれば、あるいはしなければ、はやく気づいてあげていれば、
そんなタラレバの後悔と、
何より大切だった存在を救ってあげられなかった自分が許せない。
そんな負の感情ばかりがぽっかり空いた穴を埋め尽くしてしまいます。
楽しくて幸せな思い出の方が多いはずなのに。


でも、やっぱり、
もっとそばにいたかった。
もっと遊んであげたかった。
庭に生えてきたハコベを食べさせてあげたかった。
もっとたくさんの事をしてあげたかった。


最期まで懸命に温めてあげましたが・・・
唯一の救いは、冷たいゲージの中ではなく、
手の中で送ってあげられたこと・・・



自分はチャロに愛をもらってばかりで、幸せをたくさんもらって、
あの子は幸せだったかなぁ、我が家に来て6年、楽しかったかな・・・
聞くことはできないけれど、
勝手な願いとして・・・そうであってほしい。


私が体を壊した6年前、チャロはやってきました。
ひどい具合でうなっていたときも、
苦しい精神状態のときも、
ずっとずっと一緒にいてくれた。

今の自分があるのはチャロがいたからこそ。
チャロがいたから、いろんな壁を乗り越えられた。


からだは小さいけれど、体力満タンで、走り回るのが大好きで、
足にのっかるのが大好きで、ツンツンするのが大好きで、怒りっぽくて、
寂しがり屋で・・・
大きな愛そのものでした。
もちろん今も・・・



しばらく会えないけれど、
さみしくてしょうがないけれど、
先に旅立ったみんなと仲良く遊んでるといいな。


わたしと共に過ごしてくれて、
同じ時を生きてくれて、
ありがとう。

何度言っても足りないくらい。
I LOVE CHARO

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する