スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャングル・ブック

お仕事情報です。

7月8日に発売される、
講談社青い鳥文庫『ジャングル・ブック 新訳』の挿絵を描かせて頂いています。




◆青い鳥文庫『ジャングル・ブック 新訳』◆
 ラドヤード・キプリング (著), 千野 えなが (著), 岡田 好惠 (翻訳)

junglebook2.jpg
カバー表紙


junglebook3.jpg
カバー袖






 《内容紹介抜粋》
 オオカミに育てられた人間の子とジャングルの生きものたちとの感動の物語!
 モーグリは、赤ん坊のころオオカミに救われ、オオカミを兄弟としてジャングルで育った。
 黒ヒョウのバギーラやヒグマのバールーからジャングルの掟を学びながら、
 一匹の動物として成長していくが……。

 何度も映画化されたイギリス文学を代表する大傑作を読みやすい新訳で。

 <世界の名作 小学中級から すべての漢字にふりがなつき>




詳細はこちらから→青い鳥文庫公式HP



久しぶりの青い鳥文庫の挿絵です。

今回の挿絵を描くにあたり、
名作『ジャングル・ブック』、恥ずかしながら初めて読んだのですが、
ふだん描く機会のないオオカミやクマ、クロヒョウ、ニシキヘビに水牛、インドゾウ、トラなど
生き生きとしたインドの野生動物とオオカミの子モーグリの躍動感溢れる世界を絵にするのは、
自分の中でも新しいチャレンジとなりました。

その表現として、
いつもはペン画で描くモノクロイラストを、今回水彩で描いています〜


8月に公開するディズニー映画『ジャングル・ブック』も、映像がとてもきれいで楽しみです。
映画を観る前に、または見たあとでもきっと一緒に楽しめるのではないでしょうか^^
ぜひぜひ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。