冬越え ビオトープ

あたたかくなり、根だけになっていたビオの中の水生植物が、めきめき芽を出してきました
じっと春を待ってたんだなぁ。


TS3I0411_convert_20120415154857.jpg

夏に向けてもっと伸びていくでしょう。

水生植物は水質を浄化・安定させてくれて、水中に酸素も供給してくれます。
水辺にみどりがあるのも、生き物がたくさん集まってくるし、
見た目にも涼しげでよいです。(^ ^)





こちらは無事越冬してくれた、黒メダカ。
TS3I0422_convert_20120413000321.jpg

冬の間、水の底でじっとしていたので、
姿が見えない時は心配になっていました。
無事でよかった




TS3I0413_convert_20120413000054.jpg 
これ、何だかわかりますか?

ミナミヌマエビの抜け殻です。
春になって、みんなどんどん脱皮しだし、抜け殻があちこちにあるので、
一瞬死んでしまったのかと、どきっ!!・・・としてしまいます笑。





TS3I0415_convert_20120413000146.jpg
こちらが本体。
小さい手でちまちま何かをつまんで食べてます。
おなかの「腹肢」というふぁしゃふぁしゃした部分で、
すぃーーーっと水の中を気持ちよさそうに泳ぐのを見るのが
たまらない。




TS3I0423_convert_20120413000334.jpg
そしてタニシ。
ずいぶん増えて、大小様々な子たちが、水鉢の中を掃除してくれています。
この子たちは元気で丈夫!



冬の寒さで一部の植物は枯れてしまい、
水の中が見通しやすくなってしまっているので(←外敵に見つかりやすくなる)
これからまた、浮草など増やして、
メダカたちの居心地の良い住みかをつくろう