誕生日おめでとう




今日は姉の誕生日。




昨年は千疋屋のゼリーを送ったっけ。1年経つのが本当にはやい、、、です。





ほとんど口にできない中、ゼリーは食べられてありがたかったと後から聞いて、

おくってよかった、けどもっと早くに言ってくれていたらもっと送ったよ!と。




もっとやってあげたいこと、やってあげられたこと、たくさんたくさんあったよ、と。




なんでもっと色々やってあげられなかったのか、気づいてあげられなかったのか、




そういうこと、後から後から・・・




タラレバを言ったところで、時間はもどらない。
もどしたいけど戻らない・・・




時間が経つほどに悲しみや寂しさって募るんですね。


逆だと思っていました。





姉のためにしてあげられることは何だろう。何をしたら喜ぶだろう。

日々思いながら過ごしています。


写真整理をしていて、私や姉の小さい頃の写真がたくさん出てきて、
小さい姉が可愛くて可愛くて、本当に愛おしくて、幸せいっぱいの笑顔でこちらを見ていて、
涙がでました。



空の向こうで、やりたかったこと、いっぱいやってるかな・・・




姉ちゃん、

生まれてきてくれてありがとう。

誕生日おめでとう!!!




『水瓶座の少女アレーア』


お仕事のお知らせです。


◆ 学研プラス『水瓶座の少女アレーア〜わたしを呼ぶ水の声〜①』◆
 著:タニヤ・シュテープナー 訳:中村智子


カバーと挿絵を描かせていただいています。



IMG_2450 _Fotor4



「動物と話せる少女リリアーネ」の著者タニヤ・シュテーブナーさんのファンタジー新シリーズです。



《内容紹介抜粋》
アレーアは、冷たい水に絶対に触れてはならないと言われ育った。自分の出生に秘密があると知った彼女は、帆船に乗る兄弟たちと共に、真実を知る冒険の旅に出発した。途中、嵐に遭い、海に投げ出されたアレーアは、海中で自分の体が変化していることに驚く。




せまい世界にいた消極的で人見知りの少女アレーアが、
仲間に出会い、船で海に旅立ち世界が広がっていく冒険ファンタジーです♪


詳しくはこちらから→学研プラス









帯を外すとこんな感じ。

IMG_2453_Fotor.jpg





裏表紙。

IMG_2454.jpg





実は一枚絵です。

IMG_2462_Fotor.jpg





中を少し。

IMG_2458_Fotor.jpg



IMG_2459 _Fotor



もう書店にも並んでいるかなと思います。

小学校高学年から対象で児童書としては文字も多くボリュームがありますが、
読み出すと一気に引き込まれるので、
ぜひ手にとって見ていただけたら嬉しいです^^



ゆるす



紫陽花が満開です。



IMG_2440_Fotor2.jpg



IMG_2442_Fotor.jpg




紫陽花は浄化の花なのだそう。




IMG_2469_Fotor.jpg








私は青が特に好きな色。


ブルーのグラデーションを見ていると、心が静まりさわやかな気分になります。



IMG_2463_Fotor2.jpg



IMG_2464_Fotor.jpg



IMG_2466_Fotor.jpg



IMG_2443_Fotor.jpg



梅雨時ってジメジメして嫌われ者だけど、
雨も浄化なんですよね。


この間もすごい雨だった。
色々洗い流してくれたのかな。



IMG_2467_Fotor.jpg



私は雨も曇りも好きです。

さわやかな青空もいいけれど、かんかん照りよりも、なんとも言えない曇りの方が好き。
なんででしょうね(笑)。

暑さが苦手なのもあるけど、曇りって、静かなんだな。



あの静けさから、自分の世界にトリップしやすいというか。




IMG_2438_Fotor.jpg 




今年になって、ある気づきがあって。



ずっとずっとやりたいと思っていて、
なのに、ずっとずっと先延ばしにしてやれずにいたことがあり、
やりたいならやればいいのに、やれないのはなぜなのか・・・・・・
ずっと自分でもわからなかったのですが、

自分がそれをやることを許していなかったからだとわかって。


これこれがなきゃ、とか、条件がそろっていないとやってはダメ、とか、
従来のやり方にそってない、とか、自分にはそんな力無い、とか、
も〜〜〜〜勝手に自分をせまい型に押し込めていた。そりゃ動けないわと(・_・;



本来の自分はもっと自由でしょう!!とね。
半分開き直り(笑)


頭でごちゃごちゃ考えるのをやめて、
少しずつでいいから硬い殻を外していく。

そう思えるようになっただけでも、自分の中ではだいぶ前進です。






もっと、もっと、許していこう。


IMG_2470_Fotor.jpg

龍?




先日、いつものようにトカゲかと思って捕まえようとしたら。



へ・・・ヘビでした!





IMG_2385.jpg


ちっちゃいけど、ヘビです。


人生初めて!ヘビを触っちゃいました〜〜〜


ドッキドキ



IMG_2383.jpg


はわわ。

お目々パチクリ〜〜〜


IMG_2384.jpg


上から背中としっぽだけ見たらね、トカゲそっくりだったんですよ。


だけど、あれ?足がない・・・・・・うっそ待って、これは〜〜〜となって。

トカゲのように上から掴むのは危険かと思いとどまり、

驚かせないように手の上に乗ってもらいました



どうしてもさわりたい自分。

毒があったらどうすんだ、との声が聞こえてきそうですが^^;
そこは自己責任です。ハイ。



さわりたいという自分のワガママに付き合ってもらっているワケで、
噛んだり何か分泌物を出すのは彼らが身を守るためですのでね。

捕まえる時はそれを覚悟で!噛まれても文句なし!ですw
(噛まれるのが嫌な人は真似しないでね!・・・って、誰も真似しないか)



アオダイショウかと思っていたのですが、調べて見たら、

「ヒバカリ」の子供っぽい・・・!

初めて知った。ヒバカリ。無毒のヘビです。



ひんやりつめたくって、
手の凹凸にそって進むんだ〜〜と発見がいっぱい

あとあと、トカゲとのちがい。トカゲは鳥と同じく下まぶたがあるけど、ヘビにはない。
だからずっとぱっちりお目目。



触ってよかった〜〜〜


ここのところ、龍に意識がいっていたので、
ヘビって龍っぽい・・・!龍に会えた!

なんて思いましたが、厳密には違うのかな?

ありがとうございます。



前の記事を思った以上に、たくさんの方に見ていただき、
驚きと共に、姉はこんなにも多くのファンに愛されていたのだと感じています。
きっと喜んでいるだろうなと。
コメントをくださった方もありがとうございます。




前の記事で少しだけ綴らせていただきましたが、
姉との思い出は、姉への想いは、とても文字で起こしきれるものではないです。
それでも、私自身が書きたいと、伝えたいと思ったことを、
自分が前に進むために書きました。



でも、綺麗事や美しいものばかりではないです。



口に出したくないこと、思い出したくないこともあります。
楽しかった思い出と同時に寂しさや苦しさ、やるせなさも溢れてきます。
いなくなって初めて気付かされたこと・・・姉は自分の半身のような存在でした。




姉のことに関しては、もう話さないと思います。



話したくなる時が来るかもしれませんが・・・
今は後ろを振り返らず今を大切に過ごしたい。


という所存ですので、

ご要望などのコメントをいただきましたが、
お察しいただければと思います。